RSS
 

クルマの解体工場に行って参りました!

Think the Earth SHOP、「大人気アイテムをプレゼント!サンキュー・キャンペー
ン」
の一環として「innoveco」(イノベコ)のバッグを会員登録+お買い物して
くださった方から抽選で3名様にプレゼントします。イノベコは、クルマのシー
トベルトをリユースしたユニークなバッグです。今回キャンペーンに協力をいた
だいたイノベコの森川社長のご好意で、クルマの解体作業を見に、神奈川県綾瀬
市へ行ってきました。執筆:谷口 西欧(Think the Earth SHOPスタッフ)

左から、工場を案内して下さった株式会社山勝の吉田さん、スタッフ(2名)、
イノベコの森川社長。

クルマ解体工場見学1

ここで取り外され部品はタイとマレーシアに送られ、クルマのパーツとして再度
利用されます。写真はオイルやラジエーター、エンジンや足回りを外していると
ころ。

クルマ解体工場見学2

クルマ解体工場見学3

クルマ解体工場見学4

「解体にまわってくるクルマはほとんど使えない状態で入ってくるんですけど、
彼ら何でも直しちゃうんで、日本でいらなくなったモーターとかも全部持って帰
って使っているようです。技術力はすごいと思います。」と吉田さん。

クルマ解体工場見学5

日本での年間廃車台数は約300〜400万台。数は減っているそうですが、こちら
でも一日平均15台のペースで入庫してくるそうです。2005年からスタートした
「自動車リサイクル法」で義務づけられたエアバッグの取り出しも見せていただ
きました。写真は取り出しの直後です。よく見ると煙が…。

クルマ解体工場見学6

パーツを取り終えたクルマは、プレスの段階へ。

クルマ解体工場見学7

積み上がったクルマからひょいっと持ち上げて。

クルマ解体工場見学8

プレス機に入る大きさにぐしゃっ、ぐしゃっ、とつぶしていきます。

クルマ解体工場見学9

クルマ解体工場見学10

適度な大きさにつぶされたクルマはいよいよプレス機の中に。

クルマ解体工場見学11

クルマ解体工場見学12

クルマ解体工場見学13

プレス機に入りきらなかった部分はそのまま残って半分に。すごい力です。すい
すい持ち上がるクルマを見てスタッフがひとこと「なんだかクルマが軽く見えて
きますね」。確かに…。


その後、工房にお邪魔して森川社長にお話しを聞きました。中学のとき地元の浜
を綺麗にした経験が、今の活動に影響を与えているそうです。その後サーフィン
を通じて出会った産廃業者さんとのつながりがイノベコ誕生のきっかけに。自身
の体験や自ら足を運んで見聞きしたことをベースに、アイデアが生まれ、かたち
へと実現していくプロセスこそがイノベコの商品開発の“根っこ”になっている
ように感じました。

クルマ解体工場見学15

バッグの内側の生地にはエアバッグを使用。淡いピンクや水色がシートベルトの
黒とのコントラストで映えます。様々な工場から集められた生地とシートベルト
が棚に積み上げられていました。

クルマ解体工場見学16

クルマ解体工場見学17

クルマ解体工場見学18

今回の見学で、実際にシートベルトやエアバッグがどのようなプロセスで処理さ
れているのか、またイノベコではどのようにバッグの素材として再利用している
のかを見てきました。「資源の循環、地下資源ではなく地上資源をいかに活用す
るか」が商品開発のテーマと話す森川社長。新しい商品の企画も進んでいるよう
で、今後の活動にさらに注目です!なおこの日はエコプラザ綾瀬もご案内いただ
き、ボトルキャップの回収の現場などの見てきました。こちらの訪問記は、近日
公開いたしますのでお楽しみに!

Think the Earth SHOPをご利用の方に森川社長から素敵なプレゼント!詳しくは
こちらから。

リサイクルの仕組み(財団法人 自動車リサイクル促進センター)
特集